2018/4/1(日)-4/7(土)迄のできごと

4/1(日)

役職「猫(あだ名はお嬢)」を就任いたしました。というつぶやきをした

エイプリルフールの朝。

午後からは、西新ぷらりマルシェというイベントに初出展させていただきました。

西新商店街内のイベントで月に一度開催とのこと。

蝶のあしあとブースではbookmark(猫・兎)が人気でした。

また出展の機会がありましたらご報告させてくださいね。


4/2(月)

陽だまりが猫を誘っているようにみえました。

ひとりのじかん。

4/3(火)

あなたに手紙を書くのははじめてですね。

今はまだ送らないけれど。


この日は短歌朗読ライブ『蝶ノ栞』の準備をしていました。

4/4(水)

歯医者さんにいってきました。

いつもモニターで流れているトムとジェリーを観るたびに

懐かしく「家族」を思い出します。


4/5(木)

この日は久しぶりに鳥飼の方へ行きました。

手を繋いで散歩をすると隣りにいることがやっぱり大切で愛おしいと思いました。


帰りに寄ったお好みとたこ焼きの店は

普段使いのあったかい店です。

お昼から日本酒という贅沢は君の隣りだからできるのですね。

4/6(金)

昨夜、あなたとわかれたあとに

ロジウラキッチンさんの一日店主『花待ち珈琲』さんにいってきました。

外の空気と内の灯りが心地よい空間を演出しています。

歌詠みが進みました。

ごちそうさまでした。

4/7(土)

短歌朗読ライブ『蝶ノ栞』Concept 花明かり を開催いたしました。

(イベントレポートは後日お知らせ)


朗読ライブ終わりに赤坂へ。

ギャラリーを巡りアートを肴にワインを楽しむ梯子酒。

ギャラリー梯子酒に参加してきました。


なかでも、浅野綾花さんの銅版画の展示会はとくに魅力的で

ご本人と使用している紙のことなどお話しさせていただき嬉しい出合いでした。


私にとっては非日常的なひとときで、

ほろ酔いで歩く春のゆるやかな坂道はとても心地よかったです。

嬢舌短歌リズム 蝶のあしあと

短歌作家三上りょうが提案する福岡発の短歌ブランド、蝶のあしあと公式サイト。

0コメント

  • 1000 / 1000