【Diary】2020/01/12. 冬蝶

「雪が降る」よりも「雪が舞う」という表現の方が好きだと教えてくれた人がいました。

「彼はいま何をしているんだろう」とふと思う夜があります。

そんなときは彼がよく飲んでいたほうじ茶を淹れてみたりして。


寒さが増してきたからでしょうか。

近頃、気持ちの温め方を探していると思うのです。

理想はランタンの灯りのようなものとの出合い。

自分の本当の気持ちに耳を傾けること。

そこに出合いのヒントが隠されているかもしれませんね。


冬蝶はガラス細工のふりをする あなたに溶けて眠らぬように


© Chounoashiato / mikamiryo

嬢舌短歌リズム 蝶のあしあと

短歌作家・三上りょうが提案する福岡発の恋する短歌ブランド、蝶のあしあとです。